亜鉛 多く含む 食品

亜鉛が豊富な食べ物を知りたい!

牡蠣
亜鉛を多く含む食品にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

写真ですでに答えが出てますね・・・・・・(汗)

亜鉛が最も多いNo.1の食品は?

亜鉛を多く含む食品としてナンバーワンなのは、なんといっても

 

牡蠣なんです!

 

亜鉛はクエン酸とビタミンCを同時に摂ると吸収率が高まると言われています。

 

生牡蠣を食べる際に、レモン汁をかければレモンに含まれるクエン酸とビタミンCによって、亜鉛の吸収率が高まるベストな組み合わせになりますのでオススメです。

亜鉛が多く含まれる食品(海鮮)

亜鉛が多く含まれるのは牡蠣だけではなく、他の貝類や海の幸(魚介類)もあります。

  • ホヤ
  • カニ缶
  • はまぐりの佃煮
  • タラバガニ
  • 毛ガニ
  • 焼きタラコ/生たらこ
  • ズワイガニ
  • 煮干し
  • たたみいわし

亜鉛が多く含まれる食品(肉類)

肉類も亜鉛多く含まれている食品です。

 

  • 豚肉のレバー
  • 牛肉(肩・肩ロース・ひき肉・ひれ・もも・ランプ・レバー・リブロース・サーロイン)
  • ローストビーフ
  • コンビーフ缶
  • ビーフジャーキー
  • 鶏肉のレバー

牛肩ロース

その他の食品で多いのは?

亜鉛は貝類や牛肉類に特に多いですが、それ以外の食品でも手軽に摂取出来ます。

  • プロセスチーズ/パルメザンチーズ
  • ココア
  • 抹茶
  • ゴマ

ゴマは粒のまま食べても消化できず吸収されにくいので、すりゴマや練りゴマとして摂るのが理想的です。

 

 

 

■この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

 

アーモンドに亜鉛は多いっていうけど、何粒食べればいい?

 

 

 

スポンサード リンク