亜鉛 アーモンド

アーモンドは亜鉛が豊富?

アーモンドの粒
アーモンドには亜鉛が豊富だと聞きますが、どれくらいの量が含まれているのでしょうか?

 

また、アーモンドを何粒食べれば一日に必要な亜鉛の量を満たせるのでしょうか?

アーモンドに亜鉛は何mg含まれる?

アーモンドには亜鉛は何mgぐらい含まれているかといいますと、

 

アーモンド100gあたり・・・4.4mg

 

だというデータが有りました。

 

でも、「100g」といわれても漠然としていて、どれくらいの量か、よく分かりません。

そこで、計算してみました!

では、アーモンド1粒は何gあって、何粒食べれば、1日に必要な亜鉛を摂ることが出来るのか、計算してみました。

アーモンド1粒は何gある?

アーモンド1粒を実際に秤で計量してみたところ、だいたい一粒が

 

1g〜1.2g

 

だということが分かりました。

アーモンド1粒に亜鉛は何mg入ってる?

アーモンド1粒(1g)あたりに亜鉛はどれくらい含まれているか計算するには

 

4.4mg÷100g=アーモンド1粒分

 

という式になるので、計算してみたところ

 

アーモンド1粒あたり・・・亜鉛0.044mg

 

という計算結果が得られました。

アーモンドを何粒食べれば良い?

ナッツ類
アーモンド1粒(亜鉛0.044mg)を何粒食べれば亜鉛の一日に必要な量を摂れるか計算してみます。

 

※計算には30歳〜49歳の女性の亜鉛の必要量である
「11mg」をサンプルとして使用しました。

 

計算式は11mg÷0.044mgとなり

 

アーモンド250粒分

 

と導き出されました。

 

そんなにアーモンドばかり食べられない!

 

いくらアーモンドに亜鉛が多いといっても1日に250粒も食べるのは現実的ではなく、摂取カロリーも膨大になってしまうことでしょう。
※アーモンド250粒は約1500kcalにもなります。

 

ひとつの食べ物に頼って亜鉛を摂るのではなく、様々な食品から少しずつ摂ることが一番良い方法だということが分かりました。

 

 

 

■この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

 

亜鉛を多く含む食品ベスト20.....第一位は何?

 

 

 

スポンサード リンク